So-net無料ブログ作成

リアラ、天国に旅立ちました。 [キース家の日記]

ハスキーブリーダーの廃業で、我が家で預かり、
2014年7月7日から我が家の仔になった
リアラですが、1月22日の8時頃、天国に旅立ちました。

リアラですが、亡くなる日の4日前から体調が急変し、病院で検査をしたところ、
肺が炎症で白くなってしまっていて、余命宣告を受けてしまいました。
それでも前日まで、大好きな散歩も出来ていたのですが、
22日の朝、私達に見守られながら、静かに息を引き取りました。

推定11才になるリアラは、7歳までハスキーブリーダーの所で、
ケージの中で過ごしていました。
名前もギャラ子という名で、
多分、ギャラ○○の子供という意味だと思いますが、
きちんとつけてもらえず、
他の仔が1ケージに1頭なのに対して、
リアラは2頭で入れられていたりと、
あまりいい扱いではなかったようです。

我が家に来た後、歳を取るに従い病気が発症してしまい、
両後脚の靭帯断裂、腫瘍摘出、
乳腺の左右全摘と5回も大きな手術をしています。

人間不信で、すぐにフリーズしてしまい、
環境が変わると食事をしなくなるため、
手術よりも術後の入院の方を心配される仔でした。
それを乗り越え、転移もなく、定期的に検査をしていて、
3ヶ月前の検査でも異常がなかったのですが、
体調が急変してしまいました。
最後は食事が取りにくくなってしまったのですが、
直前まで歩くことができたので、
大好きな散歩をしてあげられたのは良かったかと思います。

我が家に来た時リアラは精神的に不安定で、極度の人間不信でした。
閉ざされた空間で生きてきたため、感情の表現もできずロボットのようで、
社会性もなく、外の世界を全く知らないため、異常な怖がりから、
最初は、柵をつけていないのに
サークルのトレイの上だけしか徘徊できないような仔でした。
そこから、我が家の先住犬の様子を見て、
自分で克服して、他の部屋に移動できるようになり、
散歩もできるようになりました。

リアラの時間は、ブリーダーのところにいた時、完全に止まっていて、
我が家に来てから動き出したようでした。
仔犬のように無邪気にはしゃいでしまうのですが、
精神的には仔犬でも肉体的にはシニアのため、
肉体と精神のギャップがすごい仔でした。

いつもと違うことが苦手で、階段の位置が少しでも違うと登れなくなったり、
日常のちょっとした変化でご飯を食べられなくなったり、とても心配な仔でした。
男性恐怖症で、咳でもパニックになるような仔でした。
いぬ親会では怖がって一回もテントの中に入れませんでした。

でもリアラは、精一杯、私たちや先住犬たちに心を開こうと努力をしてくれました。
いつも私達に天使のような笑顔を見せてくれて癒してくれました。
沢山の病気をしながらも、長生きしてくれて私達と一緒にいてくれたリアラに、
ありがとうの気持ちでいっぱいです。

リアラを応援して頂いたみなさま、本当にありがとうございました。

最後の集合写真1
P1040116.jpg

最後の集合写真2
P1040264.jpg

癒しの笑顔
P1040076.jpg

天使の微笑み1
P1040059.jpg

リーダーリアラ?
P1030107_1.jpg

いぬ親会用
いぬ親会用03.jpg

散歩大好き
P1020218_1.jpg

いぬ親会への車中
P1020065_1.jpg

天使の微笑み2
P1020945.jpg

最初の日
P1010032_1.jpg

共通テーマ:ペット
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。