So-net無料ブログ作成
キース家の日記 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

13歳のお誕生日おめでとう! [キース家の日記]

7月28日は私達が決めた、キース、リゲル、アイラの誕生日です。
今年で、13歳になりました。
残念ながら、キースが他界してしまいましたが、
リゲルも、アイラも元気にしています。
リゲル、アイラ、キースの分まで長生きしてね。

お祝いは、恒例の3兄妹の大好物celeb wankoさんのケーキです。
キースの名前も入れてもらいました。
我が家のワンコ達、全員で美味しく頂きました。
P1030048.jpg

共通テーマ:ペット

2代目リーダー襲名 [キース家の日記]

キース不在の中、危ぶまれていた我が家のワンコ達ですが、
その後も何事もなく、普通に過ごしています。
まとめ役には、どうやらキースの同胎犬、女番長のアイラが、
そのまま襲名したようです。
特に混乱がないのは、アイラともう一人の同胎犬のリゲルの存在が大きいかもしれません。
そしてユエも若い世代をまとめ、アイラ、リゲルのつなぎ役として成長してくれています。
我が家のワンコ達、知らず知らずどんどん成長してくれていて、とても頼もしいです。

アイラは左、キースが右です。
母性本能の強いアイラ。キースとは、またちがった形のリーダーですね。
P1020660.jpg

全員集合、真ん中の黒いワンコがユエです。
P1020981.jpg

共通テーマ:ペット

キース天国に旅立ちました。 [キース家の日記]

最近、八咫、布都と悲しい事が続いていたのですが、
さらに、2002年12月28日に多頭飼育崩壊現場から我が家の子になった、
ちばわん1期生ハスキーMIX3兄妹のキースですが、
6月2日の17時30分頃、天国に旅立ってしまいました。

キースですが、亡くなる1時間半前に急に倒れ、その後は動けず、
そのまま静かに息を引き取りました。
今年の夏に推定13才になるキースは、肝臓の数値が高く、CT検査をしたり通院をしておりました。
最近は、後ろ脚も力が入らなくなって来ていて、トイレも踏ん張りがきかず、
歩きながらするなど、介護生活が近いかなと思っていました。
でも食欲もあって、元気だったので、逆に介護生活になっても
長生きしてくれると思っていたので、不謹慎ながら介護を出来る事を楽しみにも思っていました。
それが、あまりにも急な別れだったので、正直ショックでした。

キースは我が家に来た初めてのワンコでした。
当時、キースの保護をしてくださった、ちばわんの代表、副代表をはじめ、
当時のスタッフの方々の献身的で真摯的な姿を見て、
自然に「何かお手伝い出来る事はありませんか?」と聞いていたのを覚えています。
つまりキースとの出会いがなければ、ちばわんとの出会いはなく、
キースの同胎犬リゲルやアイラが我が家に来る事も、現在の保護活動もなかったと思います。
我が家の今の生活の原点そして歴史が、キースそのものでした。

キースが我が家に残してくれたもの、それは本当に沢山あります。
多頭飼育崩壊現場出身のキースは、多頭での生活に長けていて、
現在、我が家が多頭の保護活動が出来ているのも、キースがつくったルールのお陰です。
それは、力による縦社会ではなく、どちらかというと、平等な横社会で、
そこには順位はなく、あるのはファミリー的な関係だけです。
(私達が親で、キースが長男、アイラが長女、リゲルが次男。。。という感じです。)
預かり犬達も、このキース達のアットホーム的な雰囲気が、
あったからこそ、我が家に早くとけ込む事が出来たのだと思います。

またキースはリーダーとしてワンコ達を統率してくれていました。
でもキースは自分からリーダーになるつもりはなかったようです。
もともと、体が一番大きく、力も強かったキースなのですが、小心で気が弱く、
自発的にまとめるタイプではありませんでした。
それが、年齢を重ねるにつれ、その包容力と責任感で、家族を陰から支える様になりました。
争いになりそうな時、さっと間に入って、静まるとすっと居なくなったり、
散歩中も常に一番後ろで、周りの様子を見ていたり、みんなが安全に出来る様に、
常に陰から見守ってくれていました。
そんな紳士的な態度に、リゲルやアイラだけでなく、後から来た犬達も一目置く様になり、
いつしかリーダー的存在になっていました。
本当にカリスマ性のある仔で、キースが存在しているだけで、
そこに輪が出来、犬が集まり、そして我が家には安心感をもたらしてくれていました。

私達がワンコのトレーニングの勉強や、カウンセリング、アドバイザー等の資格をとったのも、
キース達と、もっと仲良くしたかったからで、キースが居なかったら、
そのようなこともなかったと思います。

我が家の名前はキース家です。まさにキースがつくったファミリーだからです。
実は、ファミリーを一番大切にしていたのは、他ならぬキースでした。
キースは、群れでいることが好きだったようで、たまには一人散歩もいいかと思い、
連れて行っても、すぐに帰るといって家に戻ってしまいました。
怖がりのキースにとっても、ファミリーがあることが安心感になっていたようです。

今、キースがつくった第一幕が終わってしまいました。
これからキースが居ない第ニ幕が始まります。
キースが大好きでとても大切にしていたキース家を、私達を含め、
残ったメンバーで守って行かなければと思っています。

キースを保護してくださった、ちばわんの代表、副代表をはじめ、
当時のスタッフのみなさまには、キースという、すばらしいワンコとの出会いを頂け、
本当に感謝の言葉しかありません。

そして、キースをご支援頂いたみなさま、本当にありがとうございました。
また沢山の方から、キースへお花を贈って頂きました。
キースが、こんなに沢山の方から愛されていたのかと思うと、本当に嬉しかったです。
ありがとうございます。

キース、リゲル、アイラの3兄妹。リゲルの名はオリオン座から取っています。
オリオンの3つ星のように、いつまでも仲良く輝いていて欲しい。そんな願いからつけました。
3兄妹は、常に助け合い、支え合い、お互いを信頼し合い、本当に仲のいい兄妹でした。
オリオンの3つ星のように、常にいっしょに輝いていてくれました。

キース、我が家を選んでくれて、本当にありがとう。
キースに恥ずかしくない様に、キース家を守っていくから安心してね。


CT検査の帰りのパーキングにて、久しぶりの一人お出かけです。
DSC_0074.jpg

亡くなる前日、最後の集合写真になってしまいました。お気に入りの山王台公園です。
P1020967.jpg

5月末ウエランカラのバーベキューにみんなでお出かけ。
P1020964.jpg

みんなを引き連れて歩くキース(中央です)
P1020741_1.jpg

我が家に来た初日。現地に向かって遠吠えする等、寂しそうにしていました。
DSCF0004.JPG

現地での様子。
20021218_1.jpg

共通テーマ:ペット

布都(ふつ)天国に旅立ちました。 [キース家の日記]

我が家のパピヨンの布都(ふつ)ですが、
4月4日の12時10分頃、天国に旅立ちました。

布都は、先日天国に旅立った八咫(やた)といっしょに、
2010年5月のチワワブリーダー廃業の際に、同じ場所から我が家にきました。

当時の推定年齢が八咫が15歳以上、布都が11歳以上で、
我が家で、ちばわんとして預かりをさせて頂いていたのですが、いいご縁がなく、
約1年後に、八咫といっしょに我が家に正式譲渡頂きました。

我が家に来たときは、体重が1.8kgしかなく、八咫よりもさらに小柄で、
食も細く、精神的にも弱く、居場所がちょっと変化したりするだけで、お腹を壊すなど、
八咫よりもさらに心配な仔でした。
それから3年半、なんとか大きな病気はせずに、元気に過ごしていました。

ところが、昨年の12月に同郷の八咫が亡くなってから、布都も急に老化が進み、
さらに3月30日に前庭障害を伴う発作を起こしてしまい、下半身も麻痺したため、
介護を必要とする様になっていました。
その後、前庭障害の治療をしつつ回復に努め、
前日まで流動食を自力でひと缶一気に飲んでしまうくらい元気があったのですが、
その日もいつも通り介護をしていたところ、お昼頃に静かに息を引き取りました。

保護当初の推定年齢が11歳以上ですので、推定15歳ぐらいだったと思われる布都(ふつ)、
12月に亡くなった八咫(やた)とは性格が正反対で、いつも喧嘩ばかりだったのですが、
心のどこかで繋がっていたのでしょうか、後を追うように天国に旅立ってしまいました。

亡くなる数日前から、八咫と同じ様に寝ている間も催促があり、
睡眠が十分にとれないようになっていて、逆に八咫と同じ様に介護生活が続くと思っていたし、
沢山介護するつもりでいました。
それが、思ったより早く天国に旅立ってしまい、本当に心残りです。
八咫(やた)と同じくらいまで、長生きさせてあげたかったです。

布都の名前の由来は、長生きしている仔なので、高貴な存在として、
尊敬の念を込めて、日本の神話から名前を取りました。
布都は日本神話で、布都御魂剣(ふつみたまのつるぎ)からとっています。
物を断ち切る音を表すため、今までの辛かった過去を断ち切って欲しいと命名しました。

大型犬ばかりの我が家の中で、八咫と布都だけが小型犬で、特に布都は気が弱く、
恐がりで、八咫とは全く正反対の性格でした。
子犬に近寄られると、威嚇する八咫に対して、すぐに逃げてしまう布都。
体もあまり強くなく、食も細かったので、健康面ではいつも心配でした。

八咫とは我が家に来た当初は、いっしょに居たのですが、
徐々に八咫がちょっかいを出すようになり、布都が怒り出してしまったので、
居場所を分ける様にしました。
その後も、ちょっかいを出す八咫に対して、布都は敵対心を持っていたようで、
決して、仲がいいとはいえない関係でした。
八咫は布都が好きだったようですが、布都は良く思っていなかったようです。
それが、八咫が居なくなった途端、急に元気がなくなってしまいました。
布都は、心の何処かで、八咫を頼っていたのだと思います。
不思議な関係の2人だったと思います。

チワワブリーダー廃業の際に、高齢犬と病気の犬を中心に、
引き取りをして頂いた、ちばわんスタッフのみなさま、
ちばわんの高齢犬の引き取りがなければ、布都の保護はなかったことです。
本当に感謝しております。

そして、布都をご支援頂いたみなさま、本当にありがとうございました。
今頃は、天国で八咫や他の同郷の仔達といっしょにいるのかな?
布都、我が家の仔になってくれてありがとう。

お庭にて
DSC_0038.jpg

お掃除中でちょっとお風呂場に
DSC_0105.jpg

海にて
CIMG5474.jpg

トレーニング中
CIMG5209.jpg

ベストショット?
DSC00030.jpg

布都といえば、この長い舌が特徴でした。
CIMG5260.jpg

我が家に来た時
CIMG2839.jpg

保護された日
CIMG0473_2.jpg

共通テーマ:ペット

八咫(やた)天国に旅立ちました。 [キース家の日記]

6月から介護をしていた、我が家のパピヨンの八咫(やた)ですが、
12月14日の早朝2時20分頃、天国に旅立ちました。

八咫(やた)は、2010年5月のチワワブリーダー廃業の際に、
同じ場所から、パピヨンの布都(ふつ)といっしょに我が家にきました。

当時の推定年齢が八咫が15歳以上、布都が10歳以上で、
我が家で、ちばわんとして預かりをさせて頂いていたのですが、いいご縁がなく、
約1年後に、布都といっしょに我が家に正式譲渡頂きました。

我が家に来たときは、体重が2kgしかなく、正直、いつお別れがきても、
仕方がないかなと思っていたのですが、
それから3年半、大きな病気も無く、高齢とは思えない程、元気に過ごしていました。
それが今年6月頃から、老衰のため、両後脚と左前脚の自由が利かなくなり、
介護を必要とする様になっていました。
もちろん家も長時間あけられず、寝ている間も催促があり、睡眠が十分にとれない毎日でしたが、
八咫は食欲もあり、活力もあり、元気に過ごす姿に、私達が元気を貰う毎日でした。
ただ、ここ数日、急に食欲が落ちてしまい、強制給餌をしていたのですが、
昨日早朝、私達に見守られながら、静かに苦しむ事無く、眠る様に息を引き取りました。
保護当初の推定年齢が15歳以上ですので、推定19歳ぐらいだったと思われる八咫(やた)、
病気もせず、本当に大往生だったと思います。

八咫の名前の由来は、長生きしている仔なので、高貴な存在として、
尊敬の念を込めて、日本の神話から名前を取りました。
八咫は日本神話で、神武天皇の道案内をした八咫烏からとっています。
彼の存在が、当時はいぬ親さまを幸せに導いて欲しいという願いを込めてつけました。

大型犬ばかりの我が家の中では、ひと際、体は小さかったですが、
とっても、気が強く親分肌。自分が我が家ではリーダーだと思っていたようです。
外で何かありそうに感じると、キースやタイガといっしょに、真っ先に吠えていました。
子犬の預かりの際は、大きさが同じくらいの八咫は、いつも子犬達に遊び相手に、
されそうになるのですが、威嚇をして、教育もしてくれていました。
とっても童顔な八咫ですが、女の子が好きなようで、いぬ親会では、
女の子のいる方、いる方に引っ張って、お友達になろうとしていました。

同郷の布都とは、実はあまり相性が良くなくて、
気の弱い布都はいつも八咫にやりこめられてしまっていました。
そのため布都は八咫が苦手だったようですが、八咫は布都が気になっていたようです。

来年、20歳と仮定して成人式をしようと思い、
人間の還暦のときにちなんで、赤いちゃんちゃんこを買っていて、
お祝いをしたかったのですが、それが実現出来なかった事が、唯一の心残りでしょうか。

チワワブリーダー廃業の際に、高齢犬と病気の犬を中心に、
引き取りをして頂いた、ちばわんスタッフのみなさま、
ちばわんの高齢犬の引き取りがなければ、八咫の保護はなかったことです。
本当に感謝しております。

そして、八咫をご支援頂いたみなさま、本当にありがとうございました。

長生きしてくれた八咫をたくさん誉めてあげたいと思います。
八咫、たくさんの楽しい思い出ありがとう。


ちばわんからお花が届きました。ありがとうございます。
P1020517.jpg

介護中の八咫
写真5.jpg

リコ(リーサ)お届けのとき、お留守番させられないので同行してもらいました。
P1020178.jpg

赤いちゃんちゃんこ試着中(ちゃんちゃんこは、八咫といっしょに天国に持って行ってもらいました)
P1020201.jpg

しつこい預かり中のリコ(リーサ)に威嚇
P1020058_1.jpg

本人はイヤなのに、なぜか子犬に好かれてしまう八咫
P1010784.jpg

お庭で
DSC_0032.jpg

海で
CIMG5473.jpg

車で(左が布都、右が八咫)
CIMG5258.jpg

我が家に来た初日
CIMG2837.jpg

保護された日
CIMG0474.jpg

共通テーマ:ペット

久しぶりの集合写真 [キース家の日記]

久しぶりに集合写真。
でもバラバラ。

P1020455.jpg
アイラなんで後ろを向くの。

これが精一杯かな。
P1020453.jpg



共通テーマ:ペット

アイラとマロン [キース家の日記]

いぬ親希望者さまへのお届け前までの、
期間限定で我が家にショートステイしているマロン。
マロンもブルーアイの持ち主。
同じブルーアイのアイラをやはり慕っているようです。
P1020460.jpg

ブルーアイは、怖がられる傾向があるのですが、
マロン、アイラを見てみな。
アイラは、自分に自信を持っているでしょ。

マロンもアイラの様に自分に自信を持ってね。

アイラから美しさの秘訣を伝授してもらっているのかな?
P1020461.jpg


共通テーマ:ペット

女の子には優しい? [キース家の日記]

我が家にショートステイ中のマロン。
いぬ親希望者さまのところに行くまでの間だけなのですが、
我が家の先住犬達は優しく受け入れてくれています。

タイガもいっしょで女の子には優しいです。
天道(テッド)にも優しくして欲しいな、タイガ。

フィラとリゲル。マロンの匂いを嗅ぎに行きます。
フィラとマロンは何となく似ているのでお友達になれそうですね。
P1020450.jpg

共通テーマ:ペット

リゲルと初雪ちゃん [キース家の日記]

いぬ親会の時、ちばわんの卒業わんこの初雪ちゃんの
いぬ親さんから、こんな言葉をもらいました。
富里のフェスティバルの時、初雪ちゃんがリゲルにお礼を言っていたそうで、
何かというと、リゲルが初雪ちゃんを普通の犬として扱ってくれたらしく、
それが初雪ちゃんにとってうれしかったのだと。

両後ろ足にハンディのある初雪ちゃんは、同じようなハンディを持っていた、
当時、預かりだったリーサを心配してくれて、いぬ親会のときは必ず、
我が家の後見人として、いつも見守ってくれています。
そんな初雪ちゃんことを、もちろん我が家のワンコ達も大好きで、
我が家にとって大切なお友達です。

そんな初雪ちゃんから、こんな嬉しい言葉をいただけました。

リゲルは、我が家の中でも、一番友達をつくるのが上手です。
その範囲は、犬だけに留まらず、動物全般に及びます。
その仔が、野良だろうが、何だろうが関係ありません。
兎に角、お友達になろうと、アプローチします。

多分、いつものように、初雪ちゃんを、遊びに誘ったのだと思います。

初雪ちゃんのいぬ親さんから、この話を聞いた時、
何とも言えない嬉しい気持ちでいっぱいになりました。
家に帰ったあと、沢山リゲルを誉めました。

リゲル、本当にあなたは、我が家の誇りです。
DSC00398_1.jpg

富里に来ていた初雪ちゃん。
このときは九十九里ドッグダンサーズの応援にきてくれました。
DSC00397.jpg

共通テーマ:ペット

作戦決行!久しぶりの海 [キース家の日記]

最近、お出かけに連れて行けなくなった我が家のワンコ達。
それは、八咫(やた)の介護の関係で、長時間、家を空けられない事と、
何より、天道(テッド)が我が家に来て、車に全員乗せられなくなった為です。
そのため、お出かけに連れて行けなくなってしまったのですが、
いろいろ考えた末、車で10分程の近くの海に、2回に分けて、
移動するという作戦を試してみました。

それは、まず、キース達先住犬組6頭を連れて行き、ともだけお供に残して、
一旦家に帰り、リアラと天道(テッド)を連れて行くという方法です。

そして、海にキース達先住犬組を残して、リアラ達を迎えに車が出発した時、
アイラが、去って行く車を見て、「何で置いて行くの!」と車の去った方向に、
引っ張り出しました。
アイラが落ち着くまで、かなりの時間を要して、結局、他のキース達は、
リアラ達が来るまで、全く、海を堪能出来ず、
やっと全員揃って、海に繰り出しました。

さあ、出発です。キース家恒例の記念撮影といきたいのですが、
8頭いるので全員写りません。
P1020382.jpg

久しぶりで興奮している我が家のワンコ達。
結果、こうなります。ぐちゃぐちゃですね。
P1020380.jpg

移動中。完全に群れですね。
P1020383.jpg

天道(テッド)にも、やっと海を見せる事が出来ました。
疲れましたが、まあ作戦成功?ということで、良かったと思います。

共通テーマ:ペット
前の10件 | 次の10件 キース家の日記 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。